疲れてない?子育てで頑張りすぎているママへ。やめるべき3つの行動

子育て。これほど難しい事はないのではないか…一生懸命になればなるほどうまくいかない。

子どもの寝顔をみて「ごめんね」と思う日々。

本当に世界中のお母さんは、毎日頑張っているなと思います。

誰に褒められるわけでもなく、ひたすらに子どもと向き合う。

どれだけ心の余裕があったらいいか…たっぷり睡眠が取れたらもっと穏やかでいられるのに…

いつになってもいいお母さんなんて出来ない!と…毎日反省の日々です。

独身の時、こんな性格だったっけ?と思うくらい…こんなにも口うるさい母親になるとは。

そんな私もママ歴7年が経とうとしています。

まだまだ反省点はありますが、その反省を次に活かす努力はしています(ちょっとだけ)。

もういいや、変わらなくていいやって諦めたらそこで試合終了ですから!

何度も失敗し、繰り返し繰り返しやっていく中で子どもと一緒に成長していきたいと思っています。

特に、まだ子どもが赤ちゃん〜4歳の時。

「子育てって本当に大変!」という思いが強くあり、自分だけ辛い辛い!と思っていました。

今思えば、子どもってそういうものだよなあと冷静に考えられます。

当時は本当に余裕がなく、周りが見えなくて空回りしていました。

子育てって大変!

そんな頑張っているママさんと、同じような悩みを共有したいと思い、記事を書きました。

少しでも私の経験が役に立つと幸いです。

では、頑張りすぎない為にやめるべき3つのことについてお話していきます。

目次

完璧を求めること

ここ2〜3年で初めて気づきました。

私は「完璧主義なんだ」と。

完璧を求めるが故に、最後まで出来なかったり中途半端で終わってしまうという始末。

あれもこれも全て自分がやらなきゃ!という謎の使命感で、一生懸命動きます。

でもいつもうまくいかない。

100点を目指さなくていいんですよね。

ここはしっかりやるけど、ここで力を緩めようとか…自分をコントロールするのが大切です。

出来ない所がある自分も許してあげましょう。

ここで、記事を書いていて感じたことがもう一つ。私は私自身だけではなく、自分の子どもにも求めすぎているのではないかなと。

子どものやることなす事気になり、いちいちうるさいママになってしまいます。

冷静になって、子どもの立場になって考えたら当然「うるさいなあ」と思いますよね笑

親が子にしてあげられるのは、見守ること・問題を起こした時に頭を下げ、責任をとることくらいだ、といいます。

あまり介入するのも良くないのでしょう。

先回りして、子どもの成長のチャンスを奪わないようこれから気をつけていきたいと思います。

とはいえ、ガミガミmamaはまだまだ健在。

口から生まれてきたみたいな人になってしまっているので、「黙って見守る」を努力してみようと思います。

暴飲暴食

これは絶対に避けるべき事です!

食べたり飲んだりしたその直後は満足感がありますが、時間が経つにつれて、どんどん後悔の気持ちが溢れてきます。

結局身体にも良くないし、お肌も荒れてくるし、気持ちもまた落ち込むので悪循環です。

私がそれを体験済みです。

メンタリストのDaiGoさんが言っていました。

「何か食べたくなったら15分の早歩きがいいい」「運動は、抗うつ薬を飲んだのと同じくらいの効果がある」と。

科学的にも証明されているそうです。

実際に私も最近は運動を心がけていますが、気持ちがすっきりします。

必ずしも外に出たり、何か運動をする為のアイテムが必要というわけではありません。

工夫次第でおうちの中でもトレーニングは可能です。

最近は、YouTube の筋トレの動画に感動しています。

こんなに効果がありそうなものが沢山観れるんだ!と。

おススメは「のがちゃんねる」の2分間トレーニング・DaiGoさんのチャンネルです!

トレーニングをどう習慣化づけるか?という話もされているので、これで私は以前の自分より、今の自分を許せるようになりました。

ちょっとでも自信がついたからでしょうか。

結果、暴飲暴食も以前に比べて激減しました。

(加齢?の影響で胃もたれしやすくなったのもあるのかも)

あとは「ながら」食べをしない事です。

忙しいママはよくやってしまいますが、少しでも口にしたものを味わいましょう。

どんな味がするか、よく噛み締めてゆっくり食べる時間を意識をしてみて下さい。

どれだけ食べたか分からない・もっと食べよう、を抑えられます。

ストレス解消したい時、食に走ることだけは、やめましょう。

自分を追い込む・責めること

真面目な性格な人ほど、このうような考え方をしている方が多いのではないでしょうか。

まさに、真面目すぎると言われたことがあります。

自分に対しての自己評価もとても低いです。

どうしてあんなことしてしまったんだろう?

他にも言い方があっただろうに、なんで私はいつもこうなんだろう。

もっとラフに考えられたらいいのに。

ずっとそう思っていました。

性格だからそう簡単に変えられるわけないと思っていました。

けど、「変わりたい」と思っている自分がいました。

ひたすらに『ポジティブになれる方法』で検索してみると、色々な情報を得られました。

そこで、問題解決になるようなアイディアは実践してみて、良かったら生活に取り入れてみる。

少しずつ自分も変わっていけるんだって感じることが出来ました。

心から信頼できる人が近くにいれば、自分の気持ちをさらけだしましょう。

同じ子育てをしているママや、子育てが一段落した先輩ママetc ... 悩みが共有できる人がいると「悩んでるのは自分だけじゃないんだ」と思えますよね。

でもママが思う「一番気持ちを理解して欲しい人」は、パパなはず。

仕事の帰りが遅くてなかなか話せない、という人も多いと思いますが、どうしたら今の現状が良くなるか?を考えて、話し合うタイミングを見つけましょう。

いきなり打ち明けるのではなく、「いついつに〇〇について話したいんだけど」と前置きするのがおすすめです。

いきなり真剣な話をしてしまうと、相手は構えてしまうそうです。(男の人はそういう人が多いのかな?)

我が家では、お酒を飲んでいるタイミングで色々な話をします。

しらふでも、最近は夫が努力をしてくれ話ができるようになってきました。

普段の関係を良好に保つ事でいざという時も協力し合えます。

是非!パパさんもお仕事大変かと思いますが、お互い寄り添ってコミュニケーションをとっていきましょう。

悩みも嬉しいことも半分こ。

まとめ

① 完璧を求める

② 暴飲暴食

③ 自分を追い込む・責める

以上、子育てママがやめるべき行動3つについてお話してきました。

よく、自己肯定感という言葉を聞きます。

自己肯定感とは自分が自分であることに満足し、価値ある存在なんだ、と受け入れられる感情のこと。

著名な方の考えを参考に(いや、がっつり)取り入れて、自分の生活をよりよくしていく行動をとっていきたいです。

調べると沢山の考え・対策が検索できますので、是非見てみて下さい。

また、最近ぐっときた言葉は「悩むのならまず行動」「今日が一番若い日」です。

悩んでいてもそれが一生続くわけではありません。

本を読んだり経験者の話を聞いたり、ネット検索するなどして、これは!というアイディアをもらい、自分の人生を生きていきましょう

このブログでは、子育てママが共感出来るようなお話をさせて頂きたいと思っています。

様々な悩みを共有し、少しでも前に進めるようなツールにしたいです。

私はナチュラルなものに興味があり、なるべく自然な食事や日用品などを選択して、暮らしていきたいと考えています。

その中で、昔から良いなと思う習慣を続けてみたり、新しいものを発見したら試してみたり

「人に言われたから、そうする」ではなく、しっかり「自分」をもって生きていきたいと思っています。

コロナウイルス の流行も、様々な事を考えるきっかけになりました。

今後の生活は、従来通りにはいかないかもしれません。

働き方についても改めて考えていかなければいけないかもしれません。

家族を守る為の術を沢山勉強して、なおかつ楽しくハッピーになる為の知恵も捻り出せる人になりたいです。

きっとこれからも、ガミガミmama気質はなかなか抜けないのかもしれないです。

でも自分なりに一生懸命悩んで、子どもと全力で向き合ったらいいんだ!

と今は上を向いて生きています!

自分は自分のやり方で、良いと思った考えは素直に取り入れて、ほどよく手を抜いて一緒に子育てしていきましょう!

早く、日々穏やかに暮らせるようになりますように。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

8歳と0歳の男の子のママ。昭和生まれ。女。全てが「そこそこ」。バドミントン部→市で1番。4年制大学→成績だけは1、2番。資格→日商簿記検定3級・介護職員初任者研修・アロマテラピー検定1級。職に就くために有利な資格をもっていない。何がやりたいのかわからない迷走系ママ。自分・家族を大切に出来る生活を目指すためブログをスタート!子育てやナチュラルなモノ・暮らしについて考えていきます♡

コメント

コメントする

目次
閉じる