ほどほどナチュラルに暮らす!子どもと小麦胚芽入りクッキー作り

toumama<br>
toumama

こんにちはー!今回は、息子とクッキー作りをした時のことを記事にしたよ✨

ハーブ大好き<br>さん
ハーブ大好き
さん

手作りクッキー美味しそう♡

toumamaちゃんはいつもおやつを手作りしているの?

toumama
toumama

いつもではないけど、「なるべく」「ほどほど」に手作りおやつを取り入れてるよ!

栄養・食育・親子コミュニケーションになると思ってる!

🐰まだまだ「おやつ」の時間が必要なお子さんがいらっしゃる方

🐰そんな手作りなんて面倒臭い!

🐰おこさんとのコミュニケーションを大切にしたいと思っている方

🐰なるべく体に優しいものを食べさせたい方

このような方々とともに、体に良いものを取り入れていくとこを考えていきたいと思います♡

目次

子どもとのおやつ作りを生活にとりいれたい!食育って大切だと思う。

私は「おかし」より「おやつ」という言葉が好きです。

おかしって、スーパーに売ってる気軽に買えるもので、楽しむもののイメージ。

おやつは、身体に栄養を補う・手作りしたものという感じがします。 

「食べたもので体の状態は変わる」ことを実感しているので、なるべくなら手作りで素材を安心なものにしたい。

そう思っています。

そして、おうち時間がたっぷりある現在。

ちょっぴり体に嬉しい小麦胚芽を使用して子どもとクッキー作りをしてみました。

美肌効果もある小麦胚芽は、パン作り、スコーン、マフィン何にでも入れています。

我が家では、お肌に良い「はとむぎ粉」もお気に入りです。

美肌効果あり?なクッキー作りスタート♪

【 20枚分のレシピ 】

薄力粉・・・100 g

小麦胚芽・・・40 g (もともとお家にあったものです。わーい。)

無塩バター・・・70 g

(バター30 gくらいにして米油を足して作りました。やっぱりバターは香りが良いですね)

砂糖・・・20 g(よくレシピにあるのはグラニュー糖。ここではきび糖を使用)

塩 ・・・ひとつまみ (なるべく自然な塩を)

息子にゴマは入れないでえ〜と言われたため、今回は入れてません。 

① 材料を混ぜる

薄力粉をふるってます。共同作業♪

ふるいは持ってません!あるものを使います。欲しいなと思いつつ買わなくてもいっか、といつも買わないでいます。それで済んでるから、きっと今後も買わないのかも笑

本当は白い小麦粉ではないものを手に入れたい・・・

ふるった薄力粉と小麦胚芽を泡立て器でまぜまぜしてもらってます。

本当は室温に戻してから混ぜるやつ。冷蔵庫から出してそんなに経ってなかったけど、待てなくて砂糖に投入笑 泡立て器が曲がって壊れそうでした!

しっかりと混ぜます。なんとか泡立て器の形、戻りました。

全ての材料を一緒にします。

親子で力を合わせて混ぜます!均等に混ざるように。

「さっくり混ぜる」らしいけど…本当にまとまるの?というくらいそぼろ状笑

② 生地をまとめる

やっぱり小麦胚芽を入れると生地がぼろぼろしてきてまとめるのが大変。

なんとか棒状にまとめて、ラップに包み冷蔵庫へIN。

③生地を休ませる

生地を休ませてる間は、ママと息子、それぞれのフリータイムとしました♪

冷やした時間は45分程。

④生地を伸ばす  ここでオーブンを余熱♪

冷蔵庫から取り出したら、少し硬くなっていて伸ばしづらい!笑

小麦胚芽も入っているため、まとめていた生地が再びボロボロに…。

結局ねんど遊びみたいにぎゅっぎゅ、こねこねしてちょっとずつ型抜き出来るようにしました🐰

ここで結構時間がかかってしまったので、半分くらい型抜きを進めてからオーブンの余熱を開始しました。

※この工程、必死すぎて写真撮れず…涙

⑤型抜きする

息子が選んだ型は、大好きうさちゃん・くまちゃん・人型の3種類。

「こんにちは〜。何してるんですか〜?」と人形劇を繰り広げながら型抜きしていました。

そういう所が、子どもの凄い所だなとつくづく思います。

いかに楽しむか。

勉強になる事が沢山あるなあ☺️

相変わらず、可愛い手✋

ずぼらすぎる私…クッキングシートもサイズ小さく切りすぎて、もう一枚を足すっていう。

toumama
toumama

toumamaは結構面倒くさがりなのです♪

早く食べたいのです‥笑

ハーブ大好き<br>さん
ハーブ大好き
さん

toumamaちゃん、せっかち〜!笑

13分ほど焼いて完成!

お菓子作りを極めているわけでもない為自信がなく、焼き具合は途中でオーブンを開けて様子を見ています。あまり焼きすぎるとコゲの味しますもんね…

あまった生地はくるみをのせて焼きました。

息子:「美味しい〜!」

天気が良かったので、ベランダを有効利用。

外で二人ゆったりまったりお茶の時間です。

夫に1枚食べさせたら…甘さ控えめ過ぎて、口に合わなかった模様。

全て息子と私で平らげました。

おわりに

今年の3月まで保育園に通っていた息子。

保育園では給食が出ますが、自ら希望を出しお弁当・おやつを持たせていました。

お弁当にはひじき・切り干し大根・きんぴらごぼうなどの和食系をなるべく入れるようにしていました。

米も白米だけではなく、もち麦とか十五穀米などを混ぜたり。

おやつには、さつまいも・マフィン・おやき・スコーンなど。

“手作りする事で摂れる栄養“を意識して食べさせていました。

息子は食べる事が大好きです。特に小麦粉を使った食材が好きです。

(パン類・うどん・クッキー、マフィン、スコーンなど)

沢山の白く精製された小麦粉・飽和脂肪酸が含まれるバター、牛乳等・白い砂糖…

母はちょっぴり心配なのです。

食材の全てをオーガニックや精製されていないものに出来たらどれだけハッピーなことか。

でも普通のスーパーでは手に入らなかったり、高価だったり。

難しい問題が色々とあるので、自分で出来る所から「ちょっと」でも身体に良い素材を取り入れる意識が大切だと思っています。

こうして子どもとのコミュニケーションにもなり、ママのお手伝いにもなり、食育の場にもなる料理やおやつ手作りはいいことづくめ!

これからを生きる子ども達の為、もちろんママの美容・健康の為にもなると思うので、是非!取り入れてみてはいかがでしょうか♪

toumama
toumama

最後まで読んでくれてありがとう♡

世界中の人たちが安心・安全な食材を手に出来る環境を切に願います☺️

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

8歳と0歳の男の子のママ。昭和生まれ。女。全てが「そこそこ」。バドミントン部→市で1番。4年制大学→成績だけは1、2番。資格→日商簿記検定3級・介護職員初任者研修・アロマテラピー検定1級。職に就くために有利な資格をもっていない。何がやりたいのかわからない迷走系ママ。自分・家族を大切に出来る生活を目指すためブログをスタート!子育てやナチュラルなモノ・暮らしについて考えていきます♡

コメント

コメントする

目次
閉じる