おうちの中を片付けたいママ、ずっと広げて遊びたい息子の闘い。

2人で1日を過ごす日々が多い今日この頃。

悩んでいる1つが「片付け」についてです。

皆さんは、お子さんにどういう声がけをしているのでしょうか…

私はいつも、「 片付けよう 」といったらすぐ片付けてほしいのですが、息子は二つ返事。

なかなか動いてくれません。

そして、一つの遊びが終わったらその都度戻して欲しいのですが、沢山広げて収拾がつかないということになりがちです。

毎回鬼ママに変身してガミガミ!していては私も身体に悪そうだし、怒られている息子も可哀想です。

「 どうしたらお互い嫌な気持ちにならず、良い気持ちで過ごせるか 」を考えてみました。

目次

親がするべき子どもへの声がけとは?

自分でも思うのです。私の声がけは、やる気を損ねる。

最近「すぐ片付けをしてほしい!」という気持ちが強すぎて「なんで?」「どうして?」と問い詰めてしまいます。

いけないと思いながらも、口が先に動いてしまいます。

まず、このママの態度・言動を改めるべきだなとは思うのです。

私の場合

  • 子どもに求めるレベルが高すぎるのかもしれない
  • 子どもの感情を無視しているかもしれない
  • 自分の「 機嫌 」によって、言ってる事やってる事が変わっているかもしれない

冷静に考えたら、上記のような事が考えられました。

子どもに求めるレベルも、まだ小学校に上がって間もない子に

「 使ったらすぐ元に戻す 」

「 自分の物は自分の部屋で管理する 」

など、きっとまだまだ難しいことなのです。

出来る子もいるかもしれませんが。

我が家では、そういう動きがしっかり取れるような態勢にそもそもなっていないし

( 収納が子どもに分かりやすいような物になっているetc... )

使ったらすぐ戻すとかそういうことは大人がやるにしても難しいですよね。

習慣づいていないとなかなか出来ません。

なので「片付けてよっ!」って怒ってるママも、果たして完璧に片付けをしているのか?という問いになります。

そう言われてしまうと、完璧ではない。

やはり息子に対して厳しく言い過ぎている感が否めません。

反省です。

そして、子どもも一人の人間だということを忘れかけているような気がします。

例えば、凄い集中してブロックで何か大作を作っている時。

いきなり「 もうおしまい!片付けて! 」と中断されたら…私だって嫌かもしれません。

子どもの立場に立って考えるが大切なはずなのに、怒る時はそういう気持ちを無視してしまっていたなと思います。

自分の機嫌…正直な所私は感情の起伏が激しいです。

( 一番やっかいですよね… )

機嫌が良ければ、同じ行動をしても怒らない・逆に機嫌が悪いとすぐ怒ってしまう。

そんな時があります。

あってはいけないのに。

そして外面は良いです。

この切り替えが出来ちゃうのはどうしてなんでしょうね。

気づかないうちに、外で良い顔をしすぎなのでしょうか。

本当にこのメンタルを改善していきたいです。

ここまで文章を書いてきて思った事は、

「 子どもがどうこう 」ではなく「 私自身の問題 」ということです。

いけないことはいけないと、子どもには伝えたいです。

きっと怒ってもいいんだと思います。

その表現方法が、私は残念なんだと思います。

片付けについても、言い過ぎてしまっているのです。

そこで、ずっとおうちに寝かしていた本を開いてみました。すると…

小言をいうかわりに…

子どもに口やかましく言うよりも、親がそうしていれば、黙っていても子どもは真似するのです。

『 子どもが育つ魔法の言葉  for mother and Father』 ドロシー・ロー・ノルトさん

とのこと!!

胸が痛いです。 

なるほど、子どもはお手本通りに育つ。

ついつい口が出そうになった時は、堪えるという特訓を私がした方が良さそうです。

そして感情のコントロールをする努力をするべきだとつくづく感じました。

またDaiGoさんの動画に「 親の怒り方 」は子どもの未来に影響するという科学的研究の話がありました。

子どもをダメにする怒り方 「 心理コントロール 」

 遠回しにネガティブな感情で子どもをコントロールしようとする傾向があり、子どもの幸福度・メンタルを落としてしまう。

罪悪感・恥を感じさせるような言葉で怒ってしまうのは良くないそうです。

反対に、

子どもを活かす怒り方 →「行動コントロール」

ストレートに行動を叱ること。

単に「 片付けしなさい 」とか「 勉強しなさい 」などは良いそうです。

そこに私は「 感情 」をプラスして怒ってしまっているので、それをやめるべきだと感じました…

私はどちらの怒り方か。

確実に「 心理コントロール 」の方をしてますね。

悲しいです。

そして良い本があるにも関わらず、それをうまく実践できていない自分がほとほと嫌になりました。

いいえ。

今からでも、自分を良くしていけるはず!

ブログに書くだけではなく、諦めずに挑戦したいと思います。

子どものおもちゃを広げる心理って?

Google 先生に聞いてみました。

「子どもがおもちゃを広げる 心理」というキーワードで。

すると…

子どもにとっての「 学び 」とは「 遊び 」であり、

それは「 観察 」「 研究 」「 実験 」です。

『散らかしではない』

植草学園大学発達教育学部の小川晶准教授の言葉

衝撃です。

一番注意しなければならないのは、自主的に片付けさせようとして、遊ぶ意欲を削いでしまうこと

だそうです。

ええええええええええ!!!!!!

片付けをさせる事が目的になってしまっては、育つ機会を失ってしまうだなんて。

怖い。

この心理を知った今、

散らかしてもいい、存分に広げて遊んでもらいたい気持ちになりました。

なんて単純な私。

そしてガミガミ「片付けなさい!!」と言っている方が、実は片付けが苦手だという事実。

そうかもしれないです。

私、苦手かもしれない。

特に収納とか…。

片付けるという所ではなく、「次に使いやすいように元に戻す」というのがポイントのようです。

ごめんなさい息子。

これからは、「 ママも苦手だけど、わからなかったら聞いてね 」とか、「 片付けするのはあとにして、まずおやつでも食べようか 」とか声を掛けてあげられるような母親になりたいなあと感じました。

心の余裕を持つことを意識していきましょう!

やってみた!その1

上記にある様に、まず親の私自身が綺麗を心がける片付けが出来ている状態を見せるようにしました。

キッチンのワークトップに物を置かず、すっきりした状態にした時…

「え!凄い綺麗だね!!」と息子が気づいてびっくりしていました。そしてなんだか褒められてしまった…

やはりいつもとは違うということか。

息子の目からしたら、日常的に散らかっているんですね。

その後ちょっとずつ自分から元の場所に戻したり、綺麗にする事を心がけてくれている気がします。

言葉で言わなくても伝わるのを実感した次第です… 。

そういう時って、子どもの方から「綺麗にしないとね!」とか「片付けないとね」とか言ってくれます。

そして感心したのが、何も介入しなくても自分で考えて進んで動いていたことです。

沢山のおもちゃを運ぶためにビニール袋をキッチンから探して、それにおもちゃを入れていました…!

ここまで動きが変わるんですね。

良いサイクルに親がしてあげることにより、自然とそのサイクルに沿って動いてくれるような、そんな感覚でした。

やってみた!その2

子どもに対する声掛けを、本やネット記事を参考にし、変えてみることにしました。

まず私は何より先に口が出てしまうので、「 ガミガミ 」を我慢しました。

多少モノが広がっていても目をつむる、ネガティブ感情で口を出すくらいなら黙る、という教えにならって。

なんだか自分で自分を追い込んでいたなと感じました。

ネガティブ発言は、息子に分かって欲しくて強く言っていた言葉( のつもり )でしたが、結局自分に跳ね返ってくるというか。

私が気持ちよく過ごせるような言動・行動を選択していきたいと強く思いました。

ちなみに。

息子に「よくこんなに広げられるね〜天才じゃん 」と言ったら喜んでいました。

「 それほどでも〜♪ 」と。

終わりに…

子育てはとても大切です。

しかし教育・福祉関係の学校などに進まないと詳しく学びません。

子どもが生まれてからそれについて考えるようになり、四苦八苦してきました。

そして自分が育ってきた様にしか教えてあげられないな、と悩んでいました。

けれど、私も息子と学ぶ事が出来ます。

あまり育児書などを手に取る事はしない方ですが、良い考えや行動は取り入れていこうと思います。

また、親が子どもにしてあげられる事は本当に少ないそうです。

小言ばかりの鬼ママになるのではなく、子どもの気持ちをしっかり聞いてあげられるママになりたい。

息子にとっての良い相談役みたいな存在になれたらなと思います。

有言実行。

実際に行動を起こしていきたい!

また、家族がおうち時間を楽しめるような環境づくりも頑張っていこうと思います。

このブログでは「 暮らし 」について幅広い記事を掲載していきたいと考えています。

まだまだブログ作成も勉強中ではありますが、少しずつ前に進んでいます。

この「 ちょっと 」をコツコツ続けることで何か変わるかもしれない、そう思って過ごしています。

いずれ沢山のママさんと悩みを共有し、私も頑張ろう!と思ってもらえるようなものにしたいです。

緊急事態宣言も全面解除されました。

これからも、うがい・手洗いをし、身になる物を食べて元気に過ごしていきましょう!

毎日穏やかに、楽しく過ごしていけますように。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

8歳と0歳の男の子のママ。昭和生まれ。女。全てが「そこそこ」。バドミントン部→市で1番。4年制大学→成績だけは1、2番。資格→日商簿記検定3級・介護職員初任者研修・アロマテラピー検定1級。職に就くために有利な資格をもっていない。何がやりたいのかわからない迷走系ママ。自分・家族を大切に出来る生活を目指すためブログをスタート!子育てやナチュラルなモノ・暮らしについて考えていきます♡

コメント

コメントする

目次
閉じる