陣痛タクシーが使えない?!陣痛から退院までのバースプランが決定!

toumama
toumama

皆さんこんにちはー!toumamaだよ♪陣痛が来てから退院までの具体的な案がまとまってきたので、記事にしたよ!

ハーブ大好きさん
ハーブ大好きさん

いつ赤ちゃんを産んでもいいような準備をしておく時期なんだね〜!

toumama
toumama

コロナ禍で自分の親が呼べない。加えて家族と一緒に出産を迎えることが難しいから、余計に最悪の事態を想定しておかないといけないの💦

🐰toumamaの状況

💧3月末から夫が隣の県に単身赴任

💧私の両親も夫の両親も近くに住んでいない

💧産気づいてから退院まで、7歳の息子をみてくれる人をどうするかずっと悩んでいた

💧クリニックまで車で20分弱

目次

長男は夫の実家に2〜3週間預けることに

一番の心配は「誰が上の子をみるか」

助産師さんのアドバイスで、夫の実家で預かってもらうことが一番安心という考えにいきつきました。

出産予定の時期は、小学2年生になっている息子。

本人も、”おじいさま・ばばちゃん”(夫の両親の呼び方)のお家に行けることが嬉しいみたいです。

今から「早く2年生にならないかな〜♪」

と楽しみにしています。

この上の子を誰がみるか、という問題

私は息子が7歳ということに救われました。

きっと2〜3歳の子どもだったら、今の状況では夫の実家に預かってもらうというのはなかなか出来なかったかもしれません。

ありがとう、息子。

そして「toumamaちゃんのいかようにでも、動けるようにしておくよ

と話してくれた夫のお母さん、ありがとうございます。

(涙)

toumama
toumama

本当に私は恵まれているなとしみじみ・・・

陣痛タクシーの登録が完了!

私の住んでる市に陣痛タクシーがない。

先月市内のタクシー会社に問い合わせてみました。

陣痛タクシーの登録をしたくて。

しかし私の住んでいる市内では陣痛が来た時に対応してくれるタクシー会社がなかったのです。

N社:「研修を受けてないので、そういうのやってないんですよ〜」

M社:「陣痛タクシーという制度は特にやっておりません。通常の送迎自体は出来ますが、コロナの影響で営業時間が夜9時までとなっております。」

電話を切った後、悲しくなりました。

もっと妊婦さんに優しい社会であってほしいなと。

toumama
toumama

つい電話の最後に、”是非これから妊婦さんになる方の為に、陣痛タクシーの制度を作って欲しいです”と言ってしまいました・・・

仙台市内のタクシー会社が登録を快諾してくれた!

助産師さんに「日交タクシーには電話してみた?」

妊婦健診の際に何気なく言ってくれた言葉。

🐰:え?電話してないです!!

「何人か、そこに電話して登録出来たって話を聞いたから電話してみて!もしダメだったらまた考えよう!」

健診後さっそく電話したら、「出産時のみ(入院するなど緊急事態の時)の送迎となりますが宜しいですか?」

🐰:「はい!大丈夫です!!」

健診などの定期的な受診は、最悪市の乗合バスで通えます。

「陣痛時のみ」だけでも登録させていただけることになり、心から安堵しました。

toumama
toumama

電話の最後にオペレーターの方が、”無事出産するまで、大変だと思いますが身体に気をつけてお過ごしください”って言ってくださって、涙が‥💦

夫の立ち会いについて

夫の立ち会いは、ないつもりで

夫には、出産予定日の2〜3週間お仕事を休めないかという話をしています。

会社に早めに話しておいてね!と。

一番頼りたいのは夫です。

本当だったら産気づいた時そばにいて欲しい。

けれど最悪の事態の心構えでいたい。

そう思っています。

toumama
toumama

だからこそ、陣痛タクシーの登録が出来てかなりホッとしてるんだ!

退院時は何が何でも夫に迎えに来てもらう

私と産まれた赤ちゃんは、何が何でも夫に迎えに来てもらいます笑

そして夫の実家にいる息子も夫の両親に送ってもらうか、同じ県で単身赴任をしている夫に連れて帰ってきてもらうようにします。

終わりに

最悪な状況を想定し、自分の最適解を見つけよう!

私の最悪の事態は、夫が仕事を休むことが出来ない。

陣痛時に夫を頼ることが出来ないということ。

ご近所さんにも状況を話し、「もしもの時はお願いします!」ということを数名にお願いしています。

これだけでも安心感が違いました。

あとは、入院の時に必要なものを揃えていつその時が来てもいいように備えていきます!

toumama
toumama

周りを頼りながら出産・子育てさせてもらおう!と思っているよ♪出産間近のママさん♪一緒に頑張ろう♡

最後まで読んでくれてありがとう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

8歳と0歳の男の子のママ。昭和生まれ。女。全てが「そこそこ」。バドミントン部→市で1番。4年制大学→成績だけは1、2番。資格→日商簿記検定3級・介護職員初任者研修・アロマテラピー検定1級。職に就くために有利な資格をもっていない。何がやりたいのかわからない迷走系ママ。自分・家族を大切に出来る生活を目指すためブログをスタート!子育てやナチュラルなモノ・暮らしについて考えていきます♡

コメント

コメントする

目次
閉じる